沿革

Outline

1871(明治4年)

外観

8月

初代八神幸助、名古屋県京町(現・名古屋市中区丸の内三丁目)に八神商店を創業

1875(明治8年)

5月

愛知県橦木町(現・名古屋市東区橦木町)に硝子製造所を設立し、投薬ビンの製造を開始

1930~(昭和5年)

外観

1933年(昭和8年)

八神商店器械部、名古屋市中区松ヶ枝町(現・名古屋市中区千代田五丁目)に移転

1935年(昭和10年)

八神商店器械部、合資会社八神器械店として独立

1940~(昭和15年)

外観

1945年(昭和20年)

3月

八神器械店と八神商店、米軍の空襲により焼失

八神器械店、名古屋市中区大池町(現・名古屋市中区千代田二丁目)において営業を再開

八神商店再開

八神器械店、愛知県小牧町(現・愛知県小牧市)に工場を設置し、同工場を製作所と呼称

1948年(昭和23年)

7月

合資会社八神器械店、有限会社八神製作所に組織変更

1960~(昭和35年)

外観

1966年(昭和41年)

三重営業所を開設

1967年(昭和42年)

本社社屋が完成

1968年(昭和43年)

岐阜営業所を開設

1970~(昭和45年)

外観

1974年(昭和49年)

浜松営業所を開設

1975年(昭和50年)

12月

商品センターを開設

1978年(昭和53年)

名古屋市名東区に藤が丘分室を開設

1979年(昭和54年)

ヤガミホームヘルスセンター(本社)をオープン(ストーマ用装具取り扱い開始)

1980~(昭和55年)

外観

1980年(昭和55年)

5月

株式会社八神製作所に組織変更

1981年(昭和56年)

5月

イラクの病院建設事業に参加

1983年(昭和58年)

8月

豊橋営業所を開設

1984年(昭和59年)

5月

CI(コーポレート・アイデンティティー)を導入、会社ロゴデザインを一新

1986年(昭和61年)

5月

MIG(メディカル・インテリジェンス・グループ)を発足

1987年(昭和62年)

4月

四日市営業所を開設

8月

本社新社屋が完成

1988年(昭和63年)

4月

「介護用品のデパート ヤガミホームヘルスセンター」をオープン

1989年(昭和64年/
平成元年)

10月

伊勢営業所、高山営業所を開設

12月

一宮営業所、安城営業所を開設

1990~(平成2年)

外観

1991年(平成3年)

2月

フォスター・プラン(現・プラン・インターナショナル・ジャパン)への支援開始

1992年(平成4年)

4月

健康開発室(現・予防事業部)を発足

1993年(平成5年)

1月

ヤガミホームヘルスセンター岐阜をオープン

9月

週休二日制導入に伴い、土曜日の緊急対応を開始

1994年(平成6年)

5月

横浜営業所を開設(2015年 横浜南営業所へ名称変更)

9月

名古屋南営業所、東海商品管理センターを開設

12月

ヤガミホームヘルスセンター浜松をオープン

1995年(平成7年)

1月

日曜日の緊急対応を開始

阪神・淡路大震災発生に対し、救護隊参加・支援物資輸送協力を実施

4月

ヤガミホームヘルスセンター津をオープン

本郷営業所を開設

9月

ヤガミホームヘルスセンター横浜をオープン

1996年(平成8年)

7月

大垣営業所、静岡営業所を開設

10月

在宅医療室(現・在宅医療部)を発足

1997年(平成9年)

1月

株式会社高山弘済堂を合併

瀬谷営業所、厚木営業所を開設

7月

HIS(ホスピタル・イノベーション・システム)事業部(現・SPD事業部)を発足(医療材料管理業務受託等)

12月

株式会社伸和にMRM(メディカルエクイップメント・リペア・アンド・メンテナンス)
事業部を発足(保守点検・修理)

1998年(平成10年)

1月

沼津営業所を開設

5月

多治見営業所を開設

1999年(平成11年)

11月

ヤガミホームヘルスセンター豊橋をオープン

在宅医療室(現・在宅医療部)の24時間緊急対応を開始

2000~(平成12年)

外観

2001年(平成13年)

8月

株式会社フジイカを合併

静岡営業所分室を開設

ヤガミホームヘルスセンター静岡をオープン

9月

ウンドケア事業部(現・健康開発・ウンドケア事業G)を発足

2004年(平成16年)

6月

ヤガミホームヘルスセンター岐阜大学病院前をオープン

12月

ISO 9001・ISO 13485の認証を取得

2005年(平成17年)

12月

共同仕入れ会社「日本メディカルアライアンス株式会社」に加入

年末年始の緊急対応を開始

2006年(平成18年)

1月

本社をグラシア1号館と命名

10月

大府営業所を開設

ヤガミホームヘルスセンター大府をオープン

2007年(平成19年)

1月

名張医科産業株式会社を合併

外神田営業所、府中営業所を開設

10月

関東商品管理センターを開設

2008年(平成20年)

11月

本社グラシア2号館を開設

2010~(平成22年)

外観 外観 外観

2010年(平成22年)

1月

株式会社星医科器械店を合併

松戸営業所を開設

2011年(平成23年)

1月

セイエイ・エル・サンテ ホールディング株式会社が持株会社体制をスタート
「セイエイ・エル・サンテ グループ」の一員となる

3月

東日本大震災の被災地へ支援物資の搬送を実施

4月

新宿営業所を開設

2012年(平成24年)

6月

MRM事業部 医療機器修理集中センター、コールセンター、
技術研修センターを開設(保守点検・修理)

東北松林再生事業への協力

2013年(平成25年)

4月

中川営業所を開設

日本経済団体連合に加盟

7月

鳴海営業所を開設

ヤガミホームヘルスセンター鳴海をオープン

9月

三島営業所を開設

10月

柏営業所を開設

11月

岡崎営業所を開設

ヤガミホームヘルスセンター岡崎をオープン

名古屋大学との産学協同研究講座「加速器BNCT用システム研究講座」設置

12月

春日井営業所、長久手営業所を開設

2015年(平成27年)

2月

神奈川商品管理センターを開設

4月

東和医科器械株式会社を合併

横浜中営業所、川崎営業所、相模原営業所を開設

2016年(平成28年)

3月

福浦営業所を開設

2017年(平成29年)

3月

江南商品管理センターを開設

2018年(平成30年)

4月

企業内保育所の設置

7月

横浜営業所を開設

2019年(平成31年
令和元年)

5月

東海商品管理センターと江南商品管理センターを統合し、ロジクロス名古屋笠寺へ移転

2020~(令和2年)

2020年(令和2年)

1月

「在宅医療機器管理センター」を東海商品管理センター内に開設

10月

「IVRセンター」を東海商品管理センター内に開設

2021年(令和3年)

2月

湘南営業所を開設

11月

「YAGAMI Healthcare Fund」の設立

12月

創業150周年

中部経済連合会に加盟

2022年(令和4年)

1月

千葉営業所を開設

2023年(令和5年)

2月

株式会社スズケンとの合弁会社「株式会社メディケアコラボ」を設立

12月

ストーマ用品のオンラインショップ
「ヤガミホームヘルスセンター e.よりそうだんS」
及び介護用品・福祉用具のオンラインショップ
「ヤガミホームヘルスセンター e.よりそうだん」を開設

2024年(令和6年)

1月

株式会社いわしや盛田器械店を合併

3月

ヤガミホームヘルスセンター全店舗の営業を終了し、名古屋、三遠、津、岐阜、静岡、横浜の6拠点に相談窓口「ヤガミホームヘルスセンター よりそうだん」を開設

CHLセンター(高機能商品管理センター)を開設

5月

東京本社を開設

品川営業所を開設