福祉用具のご案内

2018年9月現在

レンタルサービスのご案内

お問合せとお申し込み

介護保険レンタルサービスをご利用の方は、介護サービス計画(「ケアプラン」といいます)の作成が必要です。(ケアプランは担当ケアマネジャーまたは地域包括支援センターが作成しますので、その方に相談してください。)ケアマネジャーまたはお客様により、ご依頼をいただきます。福祉用具の専門相談員が対応いたします。

福祉用具の選定

  • ●ご使用になる方の身体状況、介護環境に応じた適切な福祉用具を選定いたします。
  • ●レンタルサービスの仕組み等をご説明いたします。
  • ●福祉用具サービス計画書を作成し、ご説明いたします。

ご契約

  • ●ご契約時に担当者がご契約内容とレンタル料をご説明し、契約書を作成いたします。
  • ●福祉用具サービス計画書を交付いたします。
  • ●レンタルが介護サービス計画(ケアプラン)に記載されている場合は、原則としてレンタル料の1割もしくは2割もしくは3割となります。

商品お届け・組立て

  • ●納品日・場所を、お客様またはそのご家族とご確認させていただきます。
  • ●納品にあたり、福祉用具の取扱い方法、使用上の留意点をご説明いたします。

アフターサービス・
使用状況確認

  • ●レンタルされた商品の使用状況や適合状況をお聞きます。
  • ●故障がありましたら、ご連絡ください。修理交換をさせていただきます。
  • ただし、お客様の故意又は、間違った使い方による故障は別途料金をいただきます。

契約・お引き取り

  • ●お客様よりレンタル終了のご連絡をお願いいたします。
  • ●引き取りの日時を、お客様またはそのご家族とご相談させていただきお引き取りに上がります。
  • ●ご連絡のない場合は期日満了日の翌日から1ヶ月間同じ内容で契約が自動的に更新されます。 

個人情報の取り扱いについて

個人情報の取り扱いについて、八神製作所の「個人情報保護方針」に則り、管理します。
個人情報の利用範囲は、お客様に開示した利用目的の範囲とし、目的外の利用は行わないものとします。また、個人情報保護法の重要性を認識し、ガイドラインなどを考慮すると共に、個人情報を取り扱う為に関係諸法令を遵守します。

レンタル商品の消毒・保管について

ご利用者の安心と快適なご利用のために

洗浄・消毒

アルコール噴霧による消毒、抗菌剤噴霧、高温加熱、逆性石鹸液での清拭のいずれかにより殺菌・消毒を行なっております。

洗浄・消毒
メンテナンス・保管

消毒された商品を機能性・安全性・衛生状態を最終点検し、清潔倉庫に万全保管いたします。

メンテナンス・保管
介護保険制度について

福祉用具のレンタル(貸与)サービス

※担当ケアマネジャーまたは、地域包括支援センターなどにおたずねください。

レンタル(貸与)が適用される福祉用具の種目

①車いす
  • ・自走用標準型車いす、普通型電動車いす又は介助用標準型車いすに限る
②車いす付属品
  • ・クッション、電動補助装置等であって、車いすと一体的に使用されるものに限る
③特殊寝台 サイドレールが取り付けてあるもの又は取り付けることが可能なものであって、次に掲げる機能のいずれかを有するもの
  • ・背部又は脚部の傾斜角度が調整できる機能
  • ・床板の高さが無段階に調整できる機能
④特殊寝台付属品
  • ・マットレス、サイドレール等であって、特殊寝台と一体的に使用されるものに限る
⑤床ずれ防止用具 次のいずれかに該当するものに限る
  • ・送風装置又は空気圧調整装置を備えた空気マット
  • ・水等によって減圧による体圧分散効果をもつ全身用のマット
⑥体位変換器
  • ・空気パッド等を身体の下に挿入することにより、居宅要介護者等の体位を容易に変換できる機能を有するものに限り、体位の保持のみを目的とするものを除く
⑦手すり ・取付に際し工事を伴わないものに限る
⑧スロープ
  • ・段差解消のためのものであって、取付に際し工事を伴わないものに限る
⑨歩行器 歩行が困難な者の歩行機能を補う機能を有し、移動時に体重を支える構造を有するものであって、次のいずれかに該当するものに限る
  • ・車輪を有するものにあっては、体の前及び左右を囲む把手等を有するもの
  • ・四脚を有するものにあっては、上肢で保持して移動させることが可能なもの
⑩歩行補助つえ
  • ・松葉づえ、カナディアン・クラッチ、ロフストランド・クラッチ、プラットフォーム・クラッチおよび多点杖に限る
⑪認知症老人
徘徊感知機器
  • ・介護保険法第5条2に規定する認知症である老人が屋外へ出ようとした時等、センサーにより感知し、家族、隣人等へ通報するもの
⑫移動用リフト
(つり具部分を除く)
  • ・床走行式、固定式又は据置式であり、かつ、身体をつり上げ又は体重を支える構造を有するものであって、その構造により、自力での移動が困難な者の移動を補助する機能を有するもの(取付に住宅の改修を伴うものを除く)
⑬自動排泄処理装置
  • ・尿又は便が自動的に吸引されるものであり、かつ、尿や便の経路となる部分を分割することが可能な構造を有するものであって、居宅要介護者等又はその介護を行う者が容易に使用できるもの(交換可能部品(レシーバー、チューブ、タンク等のうち、尿や便の経路となるものであって、居宅要介護者等又はその介護を行う者が容易に交換できるものをいう)を除く)

※原則①~⑥、⑪・⑫は要介護2以上、⑬は要介護4以上の方にご利用いただけます。

福祉用具の購入サービス

・下記は償還払い方式です。受領委任払い形式のある市区町村もあります。

※上記利用方法などは市区町村により、異なる場合があります。お住まいの市区町村の介護保険窓口・地域包括支援センターまたは
担当ケアマネジャーにおたずねください。

購入が適用される福祉用具(指定福祉用具販売事業者からの購入に限ります

①腰掛便座 次のいずれかに該当するものに限る
・和式便器の上に置いて腰掛式に変換するもの(腰掛け式に変換する場合に高さを補うものを含む)
・洋式便器の上に置いて高さを補うもの
・電動式又はスプリング式で便座から立ち上がる際に補助できる機能を有しているもの
・便座、バケツ等からなり、移動可能である便器(居室において利用可能であるものに限る)
②自動排泄処理装置の
交換可能部品
・自動排泄処理装置の交換可能部品(レシーバー、チューブ、タンク等)のうち尿や便の経路となるものであって、居宅要介護者等又はその介護を行う者が容易に交換できるもの
・専用パッド、洗浄液等排泄の都度消費するもの及び専用パンツ、専用シーツ等の関連製品は除かれる
③入浴補助用具 座位の保持、浴槽への出入り等の入浴に際して補助を目的とする用具であって次のいずれかに該当するものに限る
・入浴用いす
・浴槽用手すり
・浴槽内いす
・入浴台(浴槽の縁にかけて利用する台であって浴槽の出入りのためのもの)
・浴室内すのこ
・浴槽内すのこ
・入浴用介助ベルト
④簡易浴槽 ・空気式又は折りたたみ式等で容易に移動できるものであって、取水又は排水のために工事を伴わないもの
⑤移動用リフトの
つり具部分
・身体に適合するもので、移動用リフトに連結可能なものであること
  • ※支給制度額は、年間(4月1日から翌年3月31日までの1年間)で10万円(消費税含む)購入分7割の7万円もしくは8割の8万円もしくは9割の9万円までが支給されます。
  • ※支給限度額の上限を超えた場合、超えた部分については全額自己負担となります。