一人ひとりが望む、その暮らしのそばに。ヤガミホームヘルスセンター

住宅改修について

住宅改修

住宅の“改修”って大掛かりな工事を想像しませんか?実は、敷居の段差を無くしたりするのも“住宅改修”です。
内容、利用対象者等の条件を満たせば、介護保険を適用させることもできます。住宅改修を行うことにより、
住み慣れたご自宅で介護を受ける人自身が生活しやすくなったり、ご家族が介護しやすい環境を実現するためのお手伝いをさせていただきます。

利用対象者

要支援は1~2、要介護は1~5のいずれかの認定を受けている必要があり、
介護施設に入居している場合などでその住宅に住んでいない場合は、利用対象とはなりません。

要支援、要介護認定された方に、
20万円(税込)を限度として
改修費の
7割、8割または
9割が支給される補助制度があります。

上記サービスの利用方法、金額等は市区町村により、異なる場合がございますので、
お住まいの市区町村の介護保険窓口・地域包括支援センターまたは、担当ケアマネジャーにお尋ねください。

見積もりは無料です。お気軽にご相談ください。
サービスの利用には事前事後申請が必要です。
当社スタッフがお手伝いさせていただきます。

介護保険で適用対象となる
住宅改修内容

手すりの取り付け

廊下、トイレ、浴室、玄関、玄関から道路までの通路などに、
転倒予防もしくは移動または移動動作に資することを目的として設置する工事。

Before
After

勝手口あがりかまち

出入口に段差がありましたが、足元の安全を確保するために、あがりかまち用手すりを設置しました。

滑りの防止、および移動の円滑化などのための床または通路面の材料の変更

室内においての畳敷きから板製床材、ビニル床材などへの変更。浴室においては床材の滑りにくいものへの変更。

Before
After

フローリング ≫ カーペット

フローリングの上に一部じゅうたんを敷いていましたが、すり足のため、滑る危険がありました。
また、フローリングも滑りやすいため、じゅうたんを貼り付け滑りにくくしました。

洋式便器などへの便器取り替え

和式便器を洋式便器(暖房便座・洗浄機能付なども可)に取り替える工事や既存の洋式便器の位置・向きの変更の為の工事。

Before
After

和式 ≫ 洋式

左方麻痺のため、立ち上がり・歩行が不安定でした。和式便器での、立ち座りができないため、洋式便器に取り替えました。
便器への立ち座りと姿勢保持のためにL字型手すりを取り付けました。

段差の解消

敷居を低くする工事、スロープを設置する工事、浴室の床のかさ上げ、通路の傾斜の解消などの工事。

Before
After

廊下スロープ

トイレの内側と外側に高さの異なる段差がありました。
スロープを取り付けて段差解消を行いつつ、つまづきにくくしました。

引き戸等への扉の取り替え

開き戸を、引き戸・折り戸・アコーディオンカーテンなどに取り替え、その他ドアノブの変更、戸車の設置、扉の撤去なども含まれる。

Before
After

開き戸 ≫ 折れ戸

トイレの扉を開き戸から折れ戸に変更することで、安全に素早くトイレに入れるようにしました。

STORE

店舗紹介

お近くのヤガミホームヘルスセンターを探す

CONTACT

お問い合わせ・
ご相談窓口

お問い合わせやご相談はこちらから