社員インタビュー

営業所 所長

営業においては、信頼が全て。
安心して任せていただくために
できることを、もっと。
市川 雅也 所長 1999年入社
営業部 所長

1999年入社。2010年から所長に就任した市川さん。所長としての考え方などを紹介します。

どうしたらお客様に満足していただけるか。
それを考えることが信頼につながる。

入社後、最初は修理品の対応や納品業務を経験し、それから消耗品、中型機器、大型機器と全ての医療機器の営業活動に携わってきました。当時、意識していたことは、"頼まれた仕事に対してお客様に満足していただく"こと。修理品の受け付けや納品業務では、早急な対応を心がけ、新規営業では、予算や利便性など、お客様のご要望以上のサービスの提供を意識しました。
お客様に満足していただくこと、それが信頼につながり、その後も頼ってもらえます。その結果、他の営業社員に仕事を任せる際に「八神さんは信頼しているから」と、スムーズに引き継ぐことができました。

毎朝朝礼を行い、社員の様子を確認。
悩みがあれば、話しかけることを意識。

2010年から所長に就任し、現在は担当する病院様への営業活動のほか、今まで積み重ねてきた信頼を崩さないよう、担当エリアの病院様へご挨拶に伺ったり、大きな商談のサポートを行ったりしています。
同様に、所長として力を入れているのは、社員の指導。毎朝の朝礼で全員の顔を見ることを大切にしています。長年勤めていると、悩みが顔に出ているのが分かるもの。業務ミスやお客様との関係性など、話しづらい悩みもあると思うので、こちらから話しかけ、個別に会話をする時間を設けるなど、悩みを打ち明けてもらえるような関係作りを心がけています。

営業部 所長

提供した医療機器が人の役に立つ。
それが、私たちの仕事のやりがい。

私たちの仕事である"医療機器の提供"。これは、機器の大小に関わらず、生命をまもることに繋がる仕事です。自分の提案した機器が採用され、それが治療に利用されていることを考えると責任重大です。しかし一つの仕事をやりきり、お客様に"ありがとう"と言ってもらえた時は嬉しいですし、人や社会の役に立っていることを実感できます。
これまでの経験の中で特に思い出深いのは、担当病院で増築という大規模な商談があった際、提案した全ての機器が採用され納入に結びついたことです。設計・建築との打ち合わせで現場に入ったり、機器の使用許可をとるための書類を作成したり、納入計画や進捗管理を行うなど全ての工程に延べ1年半関わりました。機器が稼働した時の充実感は今でも覚えています。
このお話をいただけたのも、普段から情報提供などのサービスを積み重ね、細やかなニーズを把握できる関係性を築けていたからです。このような成功体験から、改めて信頼の重要性を感じ、社員に伝えていこうと思いました。

最初から100%の仕事ができる人はいません。
自身の強みや価値を見出してアピールしてください。

就職活動において、自身の強みや価値をどう活かせるかを考えると同時に、自分が就きたい職業を選択してください。人は自分が必要とされると、おのずとやる気が出て、その仕事にやりがいを感じられます。
八神製作所をはじめ、医療機器を提供するこの業界はシビアなイメージがあって、ミスなくやらなければいけないと思うかもしれませんが、最初からできる人なんていません。時間をかけて仕事を覚え、信頼を得ていくことが大事で、誠実さがあれば、お客様にも快く対応していただけます。気負わずに、就職活動に励んでくださいね。

医療現場を支える営業チーム

  • 猪狩 庸一郎 グループリーダー
  • 柘植 貴之
  • 平賀 柾規
  • 今井 隆
社員対談
社員対談

八神製作所では、長年にわたり医療機関へ医療機器を提供してきました。その中でも、横浜市内のとある病院を担当する営業チームの皆さんに、仕事のやりがいやチームとしての在り方などについて、意見を交わしてもらいました。

チーム内での役割

猪狩
私たち営業チームは、担当病院で、医師や看護師に対して医療機器の販売や提案、修理品の対応、新製品の情報提供を行っています。その中で私は、現場での営業活動をはじめ、部下の相談窓口やチームのマネジメントにも尽力しています。現在、メンバーそれぞれに担当を割り振り、その分野のスペシャリストになってもらい、そこで得た知識をチームに還元してもらうことでチーム全体のレベルアップを図っています。
柘植
柘植
私は、八神製作所との付き合いが長い、耳鼻科や看護部を中心に担当しています。付き合いが長いからといって、従来通りのサービスを提供していても評価は変わらず、他社に目を向けられてしまいます。ですので、より良い関係性を作るために、お客様と会話する頻度を高めて、新しい機器の情報提供や、求められている機器やその性能などの情報収集を心がけています。
平賀
私が担当しているのは、内視鏡検査を行う内視鏡室の中にある医療機器全般です。私も柘植さんと同様に、新しい機器の情報は常に仕入れるようにしています。最近では、患者さんの身体に優しい、管を体内に入れずに検査する内視鏡透視の機器のニーズが高くなっています。ニーズが高いということは、多くの患者さんを助けることができるということなので、やりがいを感じながら業務を行っています。
今井
今井
入社1年目の私は、全体の業務を覚えながら、修理品の対応業務を主に行っています。全ての機器やそれに関わる人と交流できる業務なので、早急な修理対応を心がけつつ、お客様に顔と名前を覚えてもらえるようにしています。そうすることで、今後担当を任された際、少しでも私や八神製作所のことを知ってもらっていれば、頼ってもらいやすく、良い関係が築き上げられると考えます。

チームの協力体制と目標

猪狩
チームとして意識しているのは、コミュニケーションを積極的に取ることです。そこで始めたのは、毎朝のミーティングと日報の共有化で、個々の持っている知識や情報、意見を共有することで、チームとしての成長を目指しています。同時に、部下や後輩がつまずくことなく業務を行えるよう、普段から悩みや相談を打ち明けられるような雰囲気づくりを心がけています。
今井
今井
猪狩さん率いるこのチームの関係性には、とても救われています。入社1年目で分からないことも多いですが、私から相談しなくても先輩方から悩みがないか聞いてくれるので、集中して業務に取り組むことができています。
平賀
平賀
私も1年目の頃、柘植さんに助けてもらった思い出があります。現在の今井くんのように修理品の対応業務をしていた頃、修理不能な機器が発生し、新たな高額な機器と交換することに。高額な取引が初めてだったため、取引のプロセスや提案の仕方などを一つひとつ柘植さんに教えていただいて、契約をまとめることができました。そのおかげで、今ではひとりで様々な商談に対応することができるようになりました。
柘植
そんなこともあったね。私も1、2年目の頃は苦労していた記憶があったので、後輩には積極的に歩み寄って、指導できればと考えていました。後輩が一人で対応できるようになれば後輩の自信に繋がり、またお客様からの信頼も得られると思います。お客様に信頼され、提供したサービスで喜んでもらえれば、やりがいを感じられるはずです。
猪狩
猪狩
チームの目標は、担当病院の医療機器の全てを八神製作所に任せてもらい、営業とお客さんという立場ではなく、"パートナー"と呼んでもらえるようになることですね。
柘植
チームで協力して、八神製作所の強みである"全ての医療機器に対応することができる"ように成長したいですね。AI技術をはじめ、テクノロジーは進化し続けているので、担当する分野の専門的な知識を深めるとともに、新たな分野にも手を伸ばし、チームで全ての医療機器に対応できるようになりましょう!

就活生へメッセージ

今井
今井
学生時代に、できる限り多くの人と会話やコミュニケーションを取ると良いと思います。それは、営業には「相手が何を考えているのか」「どう対応するのが良いのか」を考えて行動することが、大切だと感じたからです。一方で業務に必要な知識は入社後に自然と身に付き、分からないことは先輩が教えてくれるので、安心してください。
平賀
平賀
医療業界をはじめ、希望する業種の専門知識がないと、入ってから苦労すると思う方がいるかもしれませんが、全く問題ありません。それよりも大切なのは、人として当たり前の事ができるかです。先輩や上司、お客様と会話がしっかりできるのか。良い関係性を作ろうと努力ができるのか。その姿勢があれば、上司や先輩は相談に乗ってくれるし、取引先との商談もはかどるようになります。
柘植
柘植
就職活動を行う中で様々な情報が入ってきて、自分が何をやりたいのかを見失ってしまうことがあるかもしれません。その時は考えすぎず、セミナーに参加したりOB訪問をしたり等どんどん行動を起こすべきだと思います。面接中に会社の志望度が変わることも多々ありますし、とりあえずやってみよう位の感覚で良いと思います。気を張り詰めすぎず、悔いの残らない就職活動にしてください。
猪狩
猪狩
私たちが扱う医療機器をはじめとした医療関係の仕事は、とても魅力的な仕事です。患者さんが先生に感謝を伝え、そして先生から私たちに感謝の言葉をいただける。間接的ですが、患者さんを助けていることになります。八神製作所では上司や先輩が手助けするので、肩に力を入れすぎず、フレッシュな気持ちで入社してきて下さい。人の命に関わる価値あるこの仕事を、皆さんとともに成せる日を楽しみにしています!